pick up

羽田空港の対岸にある城南島に完成したばかりのリサイクル工場で、刀根康尚、クリスチャン・マークレー、近藤一弥、ポル・マロ、710.beppo、平倉圭がその〈場〉を前提にした作品を発表した、2005年開催のアートプロジェクト「Variations on a Silence ──リサイクル工場の現代芸術」。
SETENVが企画からキュレーション、設営、広報までプロジェクトに関わる一連の業務を担当し、サウンドアートやインスタレーションなどの展示の他、ライブパフォーマンスやアーティストトーク、レクチャーなどを行い、リサイクル工場という空間の持つ現代性を各アーティストの表現を通して多角的に検証しました。
今回、参加アーティスト、関係者、ボランティアスタッフとしてサポートしてくださった方々、ご覧いただいた方々の声を集め、「Variations on a Silence ──リサイクル工場の現代芸術」がどのようなものだったか、その多様な姿が浮かび上がってくるようなアーカイブを目指しています。
More→

「Potziland Records」(ポッチランドレコード)は、美術と音楽の交差するところで生まれるものを扱っています。
美術家の加藤泉さんと一緒に、レコード、書籍、グッズなど、いろいろなものを作っています。イベントの企画制作も。ぜひ、レーベルサイトをチェックしてみてください。
More→